京都 税理士 財務コンサルタント

サイトマップ

もちろん、決算書を熟知している経営者もおられますが、多くの経営者のホンネは、
「実は決算書が分からへんのや…」
「今さら聞けへんし…」
「うちの会社ってどうなん?」

といった具合です。

そこで、決算書を読んで、会社経営に役立てて頂くために、
『今さら聞けない「決算書」』PDF抜粋版をプレゼント致します!!

このPDF抜粋版は、決算書のひな形を大局的に解説し、決算書を大枠でご理解いただくための
入門編という位置づけですので、決算書を初めて学習される方にお勧めです。

無料レポートのダウンロードをご希望の方は下記よりお申込みください。

お名前: (姓) (名)
電子メール: 

決算書は何となく分かるけど、読むまでは…といった経営者もいらっしゃいます。
また、決算書固有の専門用語が決算書を複雑にしています。

この小冊子では、決算書をカンタンに説明するために、会話調で決算書を解説しています。
「今さら聞けないよ~」と思っていた決算書がこの小冊子でバッチリ理解できますよ!!

小冊子のご購入をご希望の方は下記よりお申込みください。
・お申込みフォームよりお申込みのあと、代金のお振込をお願いいたします
・入金確認後の発送となります。
・振込銀行等はメールにてご連絡差し上げます。

決算書から上がってくる分析値には、すべて意味があります。
流動比率?自己資本比率?言葉は聞いたことがあっても、それが何を意味するのか?
自社に置き換えると気になりますよね~。

特に、銀行で融資を受けるときには、銀行に決算書を提出しなければなりません。
そんなとき自社がどのように見られているのか大変気になるところです。

この小冊子では、決算書の数値を分析し、決算書の意味を解説しています。

小冊子のご購入をご希望の方は下記よりお申込みください。
・お申込みフォームよりお申込みのあと、代金のお振込をお願いいたします
・入金確認後の発送となります。
・振込銀行等はメールにてご連絡差し上げます。

決算書は、銀行や税務署のために作るものではありません!
経営に活かすために作るものです!

でも、経営に活かすためには毎月上がってくる月次決算書にほんの少し工夫が必要なんです。
月次決算書の活用方法、資金繰りの改善方法、業績アップ手法など
決算書をフル活用したいあなたへお勧めします。

小冊子のご購入をご希望の方は下記よりお申込みください。
・お申込みフォームよりお申込みのあと、代金のお振込をお願いいたします
・入金確認後の発送となります。
・振込銀行等はメールにてご連絡差し上げます。

小冊子のご購入をご希望の方は下記よりお申込みください。

・お申込みフォームよりお申込みのあと、代金のお振込をお願いいたします。
・入金確認後の発送となります。
・振込銀行等はメールにてご連絡差し上げます。

はじめて従業員を雇い入れるあなたへ!小冊子「はじめての雇用・労務管理」

小はじめて従業員を雇い入れよう!というとき、「何をすればいいの!」「どんな手続きがあるの?」などとハテナマークがいっぱいですね。しかし、あとから「知りませんでした。」では済まないこともあります。この小冊子を読めば、雇用の知識が身につきます。さまざまな手続きも、解りやすくまとめております。労務のハンドブックとして、是非ご活用ください!

よく解かるシリーズはYahoo!ショッピングでもお申込みいただけます。

会社は何で倒産すると思いますか?「利益」が出ていないから倒産すると思われていませんか?
いえいえ、違うのです。実は、「利益」が出ていないからではなく、「お金」がないから倒産するのです。
貸借対照表は会社設立から今日に至るまでの全ての業績が表されています。
そこには、経営者の性格や判断も反映されてくるのです。
会社の財産を表す貸借対照表を基礎から学べる小冊子です。

損益計算書は1年間の成績表みたいなものです。
でも、「〇〇利益」や「△△利益」「□□利益」など利益にもいっぱいあって、一体何のことかさっぱり分からないという方も多いはずです。
そんなあなたに損益計算書を基礎から学べる小冊子です。

経営者なら誰でも、利益は出ているのにお金がないことを経験されているはずです。
一体、儲けた利益は何処に消えたんでしょうか?
実は、「利益の発生時点」と「お金の増減時点」は一致しません。
その一致しないズレが経営者の勘をにぶらせ、倒産の憂き目にあうこともあるのです。
この小冊子で、資金増減原則をご理解いただき、お金に困らないキャッシュフロー経営を目指し、
利益がお金として残る経営をしていただきたいと思います!

利益率を〇〇%改善すれば、利益はいくらアップするのか…?
利益をあと〇〇円増やすには、売上はいくら必要か…?
などなど経営には未来思考と逆算思考が必要です。
また、どこに手を打てば利益が出るのか…?お悩みの経営者は多いはずです。
この小冊子で、利益とは何かをご理解頂き、商売上手な経営者になっていただきたいと思います!

決算が終わる度に金融機関に提出する決算書。金融機関ではその決算書を基に分析を行います。
その結果、金融機関は御社をどのように判断してくるのでしょうか…?
その判断ひとつで今後の融資条件も変わってきます。
この小冊子で、金融機関の格付け手法を学び、分析結果を経営に活かしていただければ今後の金融機関交渉も上手くいくと思いますよ!



小冊子のご購入をご希望の方は下記よりお申込みください。

・お申込みフォームよりお申込みのあと、代金のお振込をお願いいたします。
・入金確認後の発送となります。
・振込銀行等はメールにてご連絡差し上げます。
よく解かるシリーズはYahoo!ショッピングでもお申込みいただけます。

このページのTOPへ

京都 税理士 財務コンサルタント