京都 税理士 財務コンサルタント

サイトマップ

経営情報

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書とは?

キャッシュフロー計算書とは、「金」の流れを表す財務諸表で、貸借対照表・損益計算書に続く
第三の財務諸表です。 キャッシュフロー計算書の雛型は下記の通りです。

Ⅰ 営業キャッシュフロー

税引き前当期利益
法人税等の支払額
役員賞与の支払額
減価償却費
諸引当金の増加額
小     計 ①
売上債権の減少額
棚卸資産の減少額
その他資産の減少額
買入債務の増加額
割引手形の増加額
その他債務の増加額
小    計 ②
営業キャッシュフロー計 ③=①+②

Ⅱ 投資キャッシュフロー

定期預金の払戻収入
固定預金の売却収入
有価証券の売却収入
小     計 ④
定期預金の預入支出
固定資産の取得支出
有価証券の取得支出
小     計 ⑤
投資キャッシュフロー計 ⑥=④+⑤
フリーキャッシュフロー ⑦=③+⑥

Ⅲ 財務キャッシュフロー

短期借入金の純増加額
長期借入金の純増加額
増資による収入
小     計 ⑧
短期借入金の純減少額
長期借入金の純減少額
配当金の支払額
小     計 ⑨
財務キャッシュフロー計 ⑩=⑧+⑨
キャッシュ増加額 ⑪=⑦+⑨、=⑬-⑫
期首キャッシュ有高
期末キャッシュ有高
  • 前期と今期の決算書から作成します。
  • 何だか昔の資金繰り表みたいですね。
  • このキャッシュフロー計算書は、間接法という手法です 。
  • これとは別に、直接法のキャッシュフロー計算書もあります。
  • 直接法・間接法ともに長所と短所があります。
  • 直接法は、会社の状況がストレートに表されますが、問題点解決の糸口が掴み難いです。
  • 間接法は問題点解決の糸口が掴み易いのですが、多少の簿記知識が必要です。

このページのTOPへ


営業キャッシュフロー

キャッシュフロー計算書のなかの「営業キャッシュフロー」の読み方を見ていきましょう。

取引条件の良し悪しが分かる

営業キャッシュフロー = 業績 + 取引条件

<表1>
Ⅰ 営業キャッシュフロー
空白 (万円)
税引前当期利益 600 業績を表す部分
=480
法人税等の支払い △250
役員賞与の支払 △100
原価償却費 200
諸引当金の増加額 30
売上債権の減少額 △300 取引条件を表す部分
=△370
棚卸資産の減少額 △200
その他資産の減少額 △10
買入債務の増加額 100
割引手形の増加額 0
その他債務の増加額 20
営業キャッシュフロー 110 空白

<表1>がいわゆる、間接法ですが・・・・

  • 税引前当期利益から諸引当金の増加額までが、業績を表す部分です。
  • 売上債権の減少額からその他債務の増加額までが、取引条件を表す部分です 。
  • 減価償却費と諸引当金の増加額をプラスするのは、お金が出ていかない経費項目だからです。
  • 債権や棚卸資産の減少額をプラスするのは、お金が入ってきたと見るからです。
    この会社は、いずれもマイナスになっていますが、これは、売上債権と棚卸資産が増加したという意味です。
  • 買入債務の増加額をプラスするのは、その分だけ会社に金が残ったと見るからです。
  • つまり、この会社は利益は出ているが、金が手許に残っておらず、あまり儲かったという感覚がない会社です。

ポイント 利益がなくてもキャッシュフローは増やせる!?

営業キャッシュフローを増加させるには、

①黒字を出す、②取引条件を改善することです。

つまり、黒字でも取引条件が悪ければキャッシュは減りますし、
反対に赤字でも取引条件が良ければキャッシュは増えます。

経営コンサルタントが最初に着手するのは、この取引条件の部分です。
いかに在庫を減らし、いかに売掛金を早期に回収し、いかに買掛金の支払いを延ばすかを考えるのです。

ャッシュフロー経営とは?

巷でキャッシュフロー経営という言葉をよく聞きますが、
キャッシュフロー経営とは、何も現金商売に戻すことではありません。
営業キャッシュフローの中の取引条件を表す部分を改善することです。
売掛金や在庫は放っておけば、ドンドン膨れ上がっていきます。
債務の支払いをむやみに延ばせば信用不安が起きます。取引条件改善にはコツがあるのです。

回収方針の徹底
  1. 社長方針を明示・・・与信管理を徹底的に行う。
  2. 全社的行動・・・特に営業部門が全社をリードするように。
  3. 経理は後方支援・・・社長はよく経理に物事を押し付けますが、キャッシュフロー経営の第一線の現場は営業です。経理はデータ収集等の後方支援に回ることです。

このページのTOPへ


フリーキャッシュフロー 投資キャッシュフロー
  1. 固定資産の取得・売却
  2. 資金の貸付・回収
  3. 投資有価証券の取得・売却

がここに入ります。
通常、投資キャッシュフローはマイナスですが、マイナス幅が少ない方が良いです。

フリーキャッシュフロー

求め方は次の通りです。フリーキャッシュフローの求め方図

フリーキャッシュフローで、企業が自由に使えるキャッシュフロー金額を把握することができます。
利益が多い会社より、このキャッシュフローが多い会社がよい会社と言えます。

フリーキャッシュフローの読み方

1.投資CF < 営業CFの場合 投資CF<営業CFの場合フロー

2.投資CF>営業CFの場合 投資CF>営業CFの場合

3.読み方の注意点

決算は1年単位ですが、投資と回収のサイクルは1年で完結するものではないことに注意して下さい。

X1年度に多額の投資をした
年度 X1年度 X2年度 X3年度 X4年度 X5年度 X6年度
営業CF 200 200 150 160 160 174
投資CF △500 △60 △50 △10 △60 △36
フリーCF △300 140 100 150 100 38
この年度だけで判断してはいけない 5年平均ではみるとフリーキャッシュフローはプラス!
投資キャッシュフローのコントロール
1.中古市場
最新の固定資産は割高です。中古で十分というものも多いはずです。
2.CS?
経営者の見栄と社員満足は二の次です。お客様に関係のない投資は控えるべきです。
3.外注依頼
今は、横儲け・上儲けの時代です。製造設備を既に有している会社の力を借りる。

このページのTOPへ


自由資金比率

キャッシュフロー計算書のなかの「財務キャッシュフロー」と自由資金比率を見ていきましょう。

投資キャッシュフローのコントロール ャッシュフロー計算書と財務キャッシュフロー 財務キャッシュフロー

1.自由資金比率とは... 自由資金比率計算式

つまり、自己資本が増えた内の、フリーキャッシュフローの比率のことで、
③の数値が高いほど、利益がキャッシュとして残りやすい資金体質の会社といえる。

自由資金比率計算例

2.自由資金比率改善のポイント

* 営業キャッシュフローの改善・・・取引条件の改善
* 投資キャッシュフローの改善・・・営業CFより少ない投資にする
* 財務キャッシュフローの改善・・・フリーCFより返済額を少なくする

 財務キャッシュフローの改善・・・フリーCFより返済額を少なくする
  1. 営業キャッシュフローが最も大切!
    →これを改善しないとキャッシュフローは良くならない!
  2. 自由資金比率   100%を目指す!
  3. キャッシュフロー経営の必要性=利益がCASHで残りやすい会社にすること
キャッシュフロー計算書のまとめ

このページのTOPへ


自社の損益構造を知ろう

自社の財政状態を知ろう

決算書のなかの損益計算書を次の変動損益計算書に組み替えてみましょう!

変動損益計算書のひな形

* 売上高は損益計算書の売上高です。
* 変動費とは、売上高の増減に比例して増減する費用のことで、具体的には、仕入高や外注費のことです。
* 限界利益とは、売上高-変動費のことで、製造業・建設業以外の業種では、損益計算書の売上総利益(粗利益)と一致します。
* 固定費とは、売上高の増減に関係なく発生する費用のことで、具体的には、人件費、償却費、金利、交際費などです。

このページのTOPへ


損益分岐点売上とは

科目ごとに分類できたら次の図に数字を入れましょう。

計算図 限界利益率

商品の強さを表します。
付加価値率とも言います。 限界利益率計算式

損益分岐点売上

損益トントンの売上高で
最低これだけ売らないと利益が出ません。

損益分岐点売上計算式

自社の損益構造が分かりましたか?
それでは、この変動損益計算書から 業績アップの手法を身につけましょう!

このページのTOPへ

業績アップ三つの法則

業績アップの手法は次の三つです。暗闇に手をうたず、目的意識をもって実行しましょう。

業績アップの手法 変動費を下げる

仕入先、外注先の見直し
同じサービスなら安いほうを選択しましょう。

固定費を下げる

固定費には、管理不能経費と管理可能経費があります。
管理可能経費のうち、売上・利益に貢献しないムダな経費を削減します。

売上を上げる

目先の売上を上げても限界があります。
売上を上げる仕組み・仕掛けを考えるのです。
この仕組みを考えることが社長の仕事です。

このページのTOPへ


自社の財政状態を知ろう

自己資本比率って? 自己資本比率とは?

決算書の中の貸借対照表を見てみましょう貸借対照表は下図のように左と右に分かれます。

≪貸借対照表の構成図≫ 貸借対照表の構成図

通常、30%は欲しいところです。

自己資本比率改善のポイント
  1. 利益を出して蓄積する。
  2. 余剰資金で負債を返済する。
  3. 増資をする。

いずれにせよ、一朝一夕では改善できませんので、地道な努力が必要です。

このページのTOPへ


資金繰りを見直そう

貸借対照表は下図のように①から③の左側と ④から⑥の右側に分かれます。

貸借対照表 正味運転資金
正味運転資金計算式

この金額がマイナスになっていたら、資金繰りを見直そう!

設備投資
設備投資計算式

この金額がプラスになっていたら 過剰投資 です。

このページのTOPへ


経営分析手法

分析は割り算が基本 知りたいことを最小単位で

社員10人の会社と1000人の会社では、数字の桁数が違って当たり前ですよ。
国家予算になると兆の単位が出てきますから、イメージさえ湧かなくなります。

そんなときは、割り算で対処します。
例えば、社員一人当たり、国民一人あたり。
業種によっては、時間あたり、テーブルあたりなど…。 数字をイメージしよう

経営者にとっては、経常利益が常に気になるところですね。
でも、その経常利益を漠然とイメージされていませんか?

御社の経常利益を社員数で割ると、一人当たりの経常利益が出ます。
さらに、一年間の労働時間で割ると、社員一人の一時間当たりの経常利益が出ます。

さて、何円でした?

800円というところもあれば、10円というところもあるでしょう。
実際に10円玉を1個出してよく眺めてください。
社員が1時間かけて稼ぐ利益はその10円です。

イメージできました?

それじゃ来期は1時間当たり20円稼ぎましょうよ!

このページのTOPへ


税務署も割り算が基本 税務分析も割り算です

税務調査にくる調査官も当然御社の数字を事前に分析します。
しかも疑いの目で。
分析値と納税者の説明が食い違えばトコトン食らいついてきますよ。

売上除外なんか簡単に発見?

貸借対照表の売掛金が50万円、損益計算書の売上が100万円だったとしましょう。

そうすると、
(50/100)×365日=183日
これを売上債権回転日数といいます。

同業他社の回転日数の平均が60日だったとしたら、税務署はどう見るでしょうか?

50/300)×365日=60日

税務署は300-100=200万円の売上を抜いていると分析するのです。

起業経営のお悩みご相談ください 財務コンサルタント税理士安井伸夫 075-256-8628

このページのTOPへ

京都 税理士 財務コンサルタント